大原櫻子、ショーパン姿で始球式 ノーバンならずも「最高によかった」

大原櫻子が4日、横浜スタジアムで開催されたベイスターズ戦で始球式を行い、スタジアムを沸かせた。

大原櫻子

歌手で女優の大原櫻子が4日、横浜スタジアムで開催されたプロ野球公式戦・横浜DeNAベイスターズ対中日ドラゴンズ戦で始球式を行った。


画像をもっと見る

 

■ノーバンとはならずも…

大原櫻子
(写真提供・横浜DeNAベイスターズ)

この日は女性向けイベント「YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2020Supported by ありあけハーバー」の最終日で、昨日は歌手の青山テルマが始球式に登場し、見事な投球と試合後のライブを披露していた。

白いショートパンツとこの日ファンに配布されたレプリカユニフォーム姿でマウンドに上がった大原は、大きく振りかぶった後、山なりながらキャッチャー目掛けて一直線に投球。

大原櫻子
(写真提供・横浜DeNAベイスターズ)

ノーバウンドとはいかなかったが、捕球できる範囲内であり観客からは大きな拍手が上がっていた。投球を終えた大原はホッとした表情を見せ、周囲に一礼しフィールドを後にした。


関連記事:ベイスターズ、球場前に絶品ハンバーガー店が誕生 助っ人たちが味をレビュー

 

■気になる自己採点

大原櫻子

始球式後、マスコミ陣の取材に対応した大原は、投球内容について「意外とまっすぐボールがいってくれたので、自分の中では合格点。点数でいったら70点くらい。本当は一発でノーバンでいきたかったんですけど…」と悔しさをにじませながらも、達成感に満ちた表情。

練習を何回か重ねて本番に臨んだとのことで、「今まで投げた中では最高によかった。練習の時は右に左に球が行っていたので(笑)。とりやすい場所に投げられたことは評価したいです」と満足げだ。


■勝利の女神

大原櫻子
(写真提供・横浜DeNAベイスターズ)

試合は投打の噛みあったベイスターズが9対3で中日を下し、連敗を4でストップ。

試合終了後は、人気曲「明日も」、新曲「#やっぱもっと」をスタジアムに集まったファンに向かって熱唱。スタジアムを訪れた多くの客が“勝利の女神”の歌声に酔いしれていた。

・合わせて読みたい→大原櫻子、三浦さんの死に関連してか突然の意味深投稿 「無言でいることが深い感謝」

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事の画像(20枚)