幼児2名に性行為を強要し撮影した小児性愛者の男 600年の禁固刑に

性犯罪者として登録し、釈放時には足首にGPS装置を巻き付けられ、その後も保護観察は続く。それでも性犯罪は再犯率が高いという。

社会

2020/10/05 09:20

幼児
(leungchopan/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

再犯率の高さが問題になる性犯罪。服役中には強い反省がみられても、社会に戻れば再び関心の対象に近づき、募る性欲を抑えきれなくなるためだ。近年はそうした理由から、性犯罪者の社会復帰が叶わない極端に厳しい刑罰を言い渡す国が増えている。



 

 

■みだらな行為を強要し撮影

米国・アラバマ州タスカルーサ郡で、自宅に連れ込んだ幼児2名に性的な行為を強要し、その様子を写真や動画に収めていた現在32歳の男の被告に対し、連邦裁判所が懲役7,200ヶ月もの実刑判決を言い渡して話題になっている。

小児性犯罪事件の多くがそうであるように、この事件でも被害者2名は脅し文句とともに口止めされており、事実を親に打ち明けるまで4年以上を要したことがわかっている


関連記事:伝説のAV男優が引退後は性犯罪の常習犯に 懲役250年以上が下る可能性も

 

■不自然な性行為を強要

2014年から数年間にわたり、当時4~5歳だった幼児2名にみだらな行為を働いていたマシュー・ミラー容疑者2019年2月に逮捕され、未成年者性的搾取、性的虐待ほか20もの容疑で起訴されていた。

ミラーの自宅からは証拠となる画像や動画など102件が押収されたが、幼児に露骨な性的行為を求め、自身の性器を不自然なところに押し付ける、挿入するなどの行為は「ソドミー法」に抵触していると判断された。

次ページ
■600年の服役を命じられる

この記事の画像(1枚)