外で遊んでいた3歳児が芝刈り機で足を切断 母親が警鐘を鳴らす

元気に遊んでいた女の子が、芝刈り機に轢かれるという事故が発生。足を失う結果になってしまった。

2020/10/05 10:00

芝刈り機・子供
(macniak/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

たった3歳という年齢にして、あまりにもつらい運命を背負ったある女の子。事故からまだ2ヶ月も経過していないが、すでに何度も手術を受けているという。



 

■突然起きた事故

8月22日のこと、米国・マサチューセッツ州フランクリンの新居にて荷ほどきをしていた女性が、娘たち(アビゲイルちゃん3歳、アレクサちゃん6歳)の父親から連絡を受け驚いた。

この日、娘たちは忙しい女性ではなく、父親の家で過ごしていたとのこと。姉妹は外で遊んでいたというが、たまたま庭で使用していた芝刈り機がバックで移動し、体の小さいアビゲイルちゃんに激突。

「轢かれたアビゲイルが脚に大ケガを負ってしまった」という電話の内容に驚いた女性は、すぐに病院に向かった。


関連記事:切断した脚の持ち帰りを求められ卒倒した患者家族 病院側と意見対立も

 

■何度も受けた手術

救急車で病院に搬送されたアビゲイルちゃんだが、左脚ふくらはぎの下半分を失うという結果になってしまった。

切断部の形を整える必要もあるため5回も手術を受けたといい、傷口もまだ完全には癒えていない。傷が大きいため注意すべき点も多く残っているというが、現在は自宅に戻り、回復を目指している段階だという。

次ページ
■今後の見通し

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

手術危険義足事故カウンセリング搬送切断傷口芝刈り機不安症状
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング