ユニクロ、本日より待望のヒートテック商品を展開 昨年からの変更点が嬉しすぎる

コレからの季節必携のアイテムを、ユニクロが販売開始。昨年とは違った大きな変化が、話題を呼んでおり…。

グッズ

2020/10/05 12:00

ここ数日の間で全国的に気温がグッと下がり、とくに朝晩の寒気は完全に秋の気温に突入したといっていいだろう。そんな時期に頼れるアイテムが、このたび『ユニクロ』より展開された。


画像をもっと見る

 

■朝晩に頼れる存在

ヒートテック毛布

その商品は「ヒートテックモウフ」なる逸品で、名前の通りユニクロの大ヒット商品「ヒートテック」の素材が使用された毛布。温かさを保証するだけでなく、柔らかな肌触りも魅力で、ユーザーに快適な寝心地を提供してくれる。

200cm×140cmのシングルサイズ(税別4,990円)と、200cm×180cmのダブルサイズ(税別5,990円)を展開しているため、好みや環境に応じて使い分けると良いだろう。


関連記事:ユニクロのオンラインストア利用経験 30代女性は4割超えも

 

■今日から嬉しい全国展開

ヒートテック毛布

もはやユニクロの代名詞とも言えるヒートテックのポテンシャルが遺憾無く発揮されたアイテムということで、同商品は昨年からユーザーの注目を多数集めていた。

しかし「オンラインストア限定」という点がネックとなっており、昨年は購入を見送っていたというユーザーも多いことだろう。そうした中、今年は販売方法が変わるとあって、早くから話題を呼んでいた。

ヒートテック毛布

そこで今回、ユニクロ広報に今後の展開予定について話を聞いてみたところ、「一部店舗では販売を開始し、10月5日からは全国のユニクロでも販売する予定です」となんとも嬉しい回答が。

方針変更の背景については、「昨年はオンライン限定ということもあってか完売の状況が続いてしまい…より多くのお客様にお買い上げ頂けるよう、今年からは店舗販売を開始致しました」とのことだ。


■冬には新たなモデルも…

ちなみに12月中旬には、1820年創業となる北欧・フィンランド最古のテキスタイルブランド「フィンレイソン」の美しいパターンを落とし込んだモデルを販売予定。

ツイッターを見ると、耳が早いユーザーたちの「無地と柄アリ、どちらの毛布も買う予定です」「どっちのモデルを買おうか悩むな…」といった声が確認できた。

・合わせて読みたい→ユニクロ、ダウン回収でお得なクーポン配布 昨年とは違う利点も

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(3枚)