吉高由里子、現状を嘆く 「もっとちゃんとした大人になるはずだった」

『おしゃれイズム』で女優・吉高由里子が現状への不満を明かして…

エンタメ

2020/10/05 15:00

吉高由里子

4日放送『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に女優・吉高由里子が初出演。32歳となった現状への不満を赤裸々に語った。



 

◼バイトのつもりが…

16歳で芸能界デビュー、芸歴16年を迎えた吉高。MCのくりぃむしちゅー・上田晋也も「まだ20代中盤くらいのイメージだった」と思わず吐露するほど、変わらない若々しさに溢れている。

原宿でスカウトされた吉高は、「高校3年間だけアルバイト感覚でやるつもりだった。30歳過ぎまで(芸能活動が)続くとは思わなかった」と想定外に女優業が続いていると吐露した。


関連記事:佐々木希、NASA用素材の部屋着でリラックス 「気持ちよさそう」と反響

 

◼現状への不満

吉高も初耳だったようだが、上田は「ずっとファンだって言ってきた」と吉高に猛アピール。「ずっと可愛らしさを保っている」と吉高の魅力を熱弁する。

この上田の主張に対し、「もっとちゃんとした大人の女性になっているはずだった。『こんなはずじゃなかった』ってことが生きていたら起こるんだなって」と吉高は落ち着いた女性になっている予定だったと不満を明かした。

次ページ
◼コンプレックスは?