近大サッカー部員5名が大麻使用 「SNSを通じて購入し5~6回使った」

近畿大学サッカー部員5名の大麻使用が発覚。その入手ルートとは…

話題

2020/10/05 19:20

大麻・マリファナ
(PsychoBeard/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

警察白書によると、2018年の大麻取締法違反の検挙者は、4,321人で統計上過去最多を記録。そんな中、近畿大学(本部・大阪府東大阪市)は、体育会サッカー部員5人の大麻使用が発覚し、学内調査によって全員が使用を認めたと発表した。



 

■部員からコーチへの報告で発覚

近畿大学によると、9月30日にサッカー部の部員からコーチに「部内に大麻を使用しているものがいるという噂がある」との報告があったという。大学は、10月1日午前から部員らに事情を聞いところ、事実であることが判明し、同日午後に警察に通報した。

現在大学内に調査チームを立ち上げて、サーカー部員全員を対象に、ほかに使用者がいないか等の詳細な調査を行っているとのことだ。


関連記事:古市氏、日大ラグビー部暴行問題に苦言 「学生への謝罪が一言もない」

 

■SNS上で売人に接触

部員Aは、昨年12月から今年5月にかけてSNSを通じて売人に接触し、自宅で、5、6回使用した。部員B・C・Dは、昨年11月から今年5月にかけて、Aの自宅において、1~2回使用。

部員Eは、昨年10月に、大阪市内のクラブで知り合った友人から大麻をもらい、クラブ付近の路上で1回使用したという。部員Aが大麻をいくらで購入したのかについて、大学側は「警察の捜査情報のため、言えない」としている。

次ページ
■部に対して無期限の活動停止を指示

この記事の画像(1枚)