さまぁ~ず、「ネプ堀内健は計算された笑い」と暴露 「全部アドリブだと思ってた」驚きの声

『さまぁ~ず論』でネプチューン・堀内健の「笑い」についてさまぁ~ずらが分析して…

エンタメ

2020/10/06 10:00

さまぁ〜ず

5日深夜放送『さまぁ~ず論』(テレビ朝日系)にホリケンことネプチューン・堀内健が出演。さまぁ~ず・大竹一樹と三村マサカズ、平成ノブシコブシ・吉村崇と「お笑い」について語り、視聴者を驚かせている。



 

■さまぁ~ずとホリケン

さまぁ~ずと吉村がゲストを招き、ゲストがさまぁ~ずに聞きたいさまざまな「論」を深く掘り下げていくのが同番組の主旨。堀内は「ネタはどうやって作っているか?」とお笑い論についてさまぁ~ずに尋ねる。

トークやコントのネタ帳を持たないさまぁ~ず。トークはなんとかなるとしてもコントはそうもいかず、「2人で部屋にこもってゼロから作る」と大竹は明かす。対して堀内は、ギャグやネタを全て細かく書いてメンバーの名倉潤と原田泰造に渡す、さまぁ~ずとは真逆のタイプだと判明した。


関連記事:ノブコブ吉村、芸能界で1番ヤバい先輩芸人を告発 「イメージはイイけど…」

 

■じつは計算された笑い

さらにギャグだけでなく、引っかかった言葉などもメモして「今日はコレ言おうって決める日もある」と堀内は語るも、「(現場では)だいたい思い出せない」と笑う。

じつは細かく考えて本番に臨んでいる堀内に吉村も「ひな壇で後ろから見てたら『ここであのギャグいかないんだ』ってときがある。ココじゃないとダメだってスゴイ周りを見ている」と指摘。大竹は「世間のイメージとは違う。計算された(笑い)」と堀内を評した。

次ページ
■その場で解明される