『グッとラック』田村淳、国山アナのモラハラ疑惑をフォロー 「納得した」の声

『グッとラック』では、女性に対して「料理できる?」と尋ねることに対して議論に。

エンタメ

2020/10/06 15:00

田村淳

6日放送の『グッとラック!』(TBS系)では、女性に対する「料理できるの?」という発言について議論に。メインコメンテーターの田村淳のコメントに、注目が集まっている。



 

■投稿に共感の声

この日の番組では、フリーアナウンサーの大橋未歩のインスタグラムでの投稿を取り上げる。大橋は投稿で「料理は女性がするものと考える方にはドン引きします」とした上で、「結婚を報告しに来た女性部下に『料理はできるのか?』と聞く男性上司を何度か目撃したことがあり嫌悪感でゾッとしました」とエピソードを披露。

続けて、「できる方、やりたい方がやりゃあいいんだと思います」ともつづっており、性別で切り分けて物事を考えることに対して、疑問を提示した。この投稿には、ファンから共感の声が寄せられている。

View this post on Instagram

「幸福はお金で買えるか」 というニュースを取り上げました。 お金で買えることもあるんでしょうけど持続させるのは現実的には難しいですよね。 持続的に幸福を感じられる状況に必要なのは、やはり「笑い」なのかなあと真剣に思うことがあります。 私は、笑うと心の澱が全て濾過される気がして こんなに最高の快楽はないという気持ちになります。 ほんっっとに気持ちいいのです。 追跡で吉田先生に聞いてみて もらいたい。 笑っていると何故こんなに快楽を 得られるのか。 脳内物質が出るとはよく聞きますが 本当にそれだけなのかしら。 気になります。 そして、 最近、女性と男性で意見が分かれる というニュースを番組で取り上げることが多いですが、 性別で切り分けて 何かを語ることに対して 違和感を感じる時代になりましたよね。 私は料理が好きだから インスタにUPしますが だからといって、 料理は女性がするものと考える方には ドン引きします。 結婚を報告しに来た女性部下に 「料理はできるのか?」と聞く 男性上司を何度か目撃したことがあり 嫌悪感でゾッとしました。 できる方、やりたい方が やりゃあいいんだと思います。 そんなことを思いながら 作りすぎたピーマンの肉詰めでした笑 #ピーマンの肉詰め #よるごはん #gojimu

A post shared by 大橋未歩 42歳 (@o_solemiho815) on


関連記事:立川志らく、メシハラについて持論も… 国山アナからは「めんどくさい」

 

■国山アナのモラハラ疑惑に厳しい指摘

この大橋の投稿を受け、番組アシスタントの若林有子アナウンサーは、以前、先輩である国山ハセンアナウンサーから「若林は料理できるの? できないならモテないよ」と言われた経験があると告白。

すると、番組コメンテーターの木嶋真優は、「料理できるの? って聞くことは、パンツ何色? って聞くのと同じ」と言及。木嶋の厳しい指摘を聞いた国山アナは「全然、そんなつもりじゃなくて…申し訳ないです」と反省した様子を見せている。


■田村のナイスフォロー

しょぼくれた様子の国山アナを見てか、田村は「これって女性誌が散々煽ってることなんですよね。その影響で、刷り込まれてる男性は一定数いると思うんですよ」とフォローを入れていた。

今回の放送を受け、ツイッター上では「ハセンくん、それはモラハラでは…でも淳のいうことも納得したわ」「確かに、刷り込まれてる可能性はある」「淳、ナイスフォロー!」といった視聴者からの共感の声が寄せられていた。

・合わせて読みたい→立川志らく、発熱と倦怠感で出演取りやめ 国山ハセンがその一因を明かす

(文/しらべぇ編集部・北田力也