セブンイレブン、中本汁なしカレー麺 お箸では食べられない代物だった

蒙古タンメン中本・新宿店の限定メニューが、汁なし麺にアレンジされ登場。別添のソースで辛さを調節することができるのだが…

グルメ

2020/10/07 06:00

6日、セブン&アイホールディングスのプライベートブランド「セブンプレミアム」から、「蒙古タンメン中本 汁なしカレー誠炸羅(マサラ)麺」(298円/税別)が発売された。

しらべぇ編集部でも早速購入してみたところ……お箸で食べることはオススメできないことが判明した。


画像をもっと見る

 

■新宿店の限定メニューが汁なし麺に

蒙古タンメン中本汁なしカレー誠炸羅麺

こちらは、蒙古タンメン中本・新宿店の限定メニューである「インドラーメン」をアレンジし、旨辛カレーソースに太麺を合わせた汁なしの混ぜ麺。

6日から全国の店舗で順次発売されているのだが、数量限定販売とのことなので、気になっている人は早めに購入しておいたほうが良さそうだ。


関連記事:災害時の救世主「水戻しインスタントラーメン」 水以外で戻すと激ウマだった

 

■凍っていてもカレーの匂いが

蒙古タンメン中本汁なしカレー誠炸羅麺

中には、麺の他に別添の「花椒入り辣油」が入っている。入れる量によって辛さが調節できるようになっていて、1滴も入れなければ「味噌タンメン」のレベル、半量入れれば、看板メニューの「蒙古タンメン」レベル、そして全量を投入すると、激辛好きの間では1つの基準にもなっている「北極ラーメン」の辛さレベルに相当するという。

蒙古タンメン中本汁なしカレー誠炸羅麺

「間違いなく編集部内で最も辛さに強い自信がある」と豪語する編集部員は、ためらうことなく全量を投入した。

次ページ
■「お箸で食べるのは危険」と判明

この記事の画像(5枚)