『グッとラック』田村淳、学校の掃除への意見に共感の声 「時間の無駄だよね」

『グッとラック!』では、学校での掃除機の導入について議論。メインコメンテーターの田村淳の提案に納得の声があがった。

エンタメ

2020/10/07 15:00

田村淳

7日放送の『グッとラック!』では、学校での掃除機の使用について議論を展開。メインコメンテーターである田村淳のコメントに、注目が集まっている。



 

■学校の掃除機導入は…

学校での掃除といえば、雑巾掛けや、ほうきとちりとりを使っての掃き掃除を連想する人も多いだろう。この日の番組では、一部の小中学校で掃除の時間に掃除機や、ロボット掃除機「ルンバ」を利用し始めたことを紹介した。

掃除機を導入した意図として、新型コロナウイルスの影響による衛生面の強化が一番の理由だという。その一方で、一部の保護者からは「ほうきやちりとりの正しい使い方を学んでほしい」「皆で掃除をすることで、責任感や協調性が身につくのでは」といった反対意見も見られたようだ。


関連記事:家にいるので片付け 「新型コロナの自粛中に掃除が増えた」20代女性は半数

 

■「掃除の時間で学んだことは一つもない」と断言

番組が全国の20歳以上の男女に「学校での掃除機の導入」について行なったアンケートによると、賛否がほぼ半々に分かれた。そこで、この日の出演者にも同じ質問をしたところ、全員が賛成と回答している。

田村は「これは圧倒的にありだもんな…」とつぶやき、掃除の時間を通して責任感や協調性を学べるといった意見からか、「正直、僕は掃除の時間で学んだことは一つもない」と断言。また、「普段から多忙な教員に掃除の時間まで拘束させる必要はないと考えていて、学校の掃除は外部委託すべきなんじゃないかな」と提案していた。


■田村の意見に共感の声

今回の放送を受け、田村の意見に共感する視聴者は多数いたようだ。

ツイッター上では、「淳の意見はめっちゃわかる」「サボることしか考えてなかったな」「正直、掃除の時間は時間の無駄だよね」といったコメントがあがっている。

・合わせて読みたい→無印良品、80円の掃除アイテムがスゴい 便利すぎて一家に1本必須なレベルだった

(文/しらべぇ編集部・北田力也