いきなり価格破壊した無印良品のTシャツ、着てみてわかった「8割引」の理由

無印良品で長年販売されている「圧縮Tシャツ」。気がつくとなんと80%オフ商品になっていた…。

無印良品

無印良品で現在販売されている「圧縮Tシャツ」。半袖Tシャツながら手のひらより小さいサイズにギュッと圧縮された携帯性抜群の商品で、6月までは税込1,490円で販売されていた。

しかし、ここにてネット通販、店頭ともに脅威の約8割引となる税込300円にて販売され、話題を集めている。


画像をもっと見る

 

■ロングセラー商品

無印商品

正確な登場時期は不明だが、約10年ほど前のブログでこの商品の別柄が紹介されていることから、無印良品の中では歴史の深いアイテムとわかる「圧縮Tシャツ」。

大きなTシャツが、特殊なたたみ方でタテヨコ6センチくらいのサイコロ型に圧縮されており、重さは100g程度。パッケージのビニールを剥がし、本体をすこしずつ広げると、長い短冊のような形に折られたTシャツがくるくる巻いて一つの塊になっていたことがわかる。

ものの30秒ほどで通常サイズのTシャツになり、サイトでは「持ち運びしやすいようにベーシックアイテムを圧縮加工しました」「旅に、おでかけに、もしもの備えに」というキャッチフレーズが添えてある。


関連記事:イオン、上品な形の「シャツマスク」を発売 形態安定でシワになりにくい

 

■広げる瞬間は快感

無印商品

実際に購入してみた。無印良品の通販サイトで3つほどポチり、送料500円を加えても1,400円。無印良品のTシャツが3枚でこの値段とは信じられない。

無印商品

非常時の防災リュックなどに忍ばせておけば役立ちそうだが、丈の長さやサイズ感はわからない上、一回も試着していないので不安。そこで早速1つ開けてみることにした。前述の通り、両手でむしるようにTシャツを帯状に伸ばしていき、くるくるとさらに広げていく。この一連の作業、やってみるとすごく快感があり、クセになりそう。

次ページ
■ぶっちゃけ、問題点も…

この記事の画像(10枚)