10月12日(月)のカレンダーを見て… 悲鳴を上げる人が続出中

「スポーツの日(旧体育の日)」が失われた2020年の10月。カレンダーを見て改めてショックを受ける人々が続出…

話題

2020/10/09 12:30

カレンダー
(Chainarong Prasertthai/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

2020年から、「体育の日」の名称が「スポーツの日」に変更された。

さらに、東京五輪が開催される予定だった2020年に限り、7月24日が「スポーツの日」とされ、その影響で今年の10月には祝日が1日もないという事態が発生。インターネット上では、本来祝日だったはずの12日月曜日が平日であることを嘆く声が相次いでいる。



 

■「来週月曜は平日」という現実

東京五輪の開会式前後の日を祝日にするために取られた対応なのだが、実際には、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、東京五輪も開催が1年延期に。

日本の祝日は年間16日あるとされ、その月々で貴重な祝日が7月に寄せ集められてしまい、その中でも大きな犠牲となったのが10月だ。


関連記事:『炎の体育会TV』出演者が新型コロナ感染 生放送中の異変に心配の声も

 

■改めてショックを受ける人々

10月頭にも話題になったが、貴重な3連休が失われ、かといって7月に東京五輪で盛り上がることも叶わなかったという不運の連鎖に、「今さらだけど、あれ? 体育の日がない! と思った私…」「来週月曜って体育の日じゃないのかよ…」と、改めてショックを受けるユーザーが続出している。

次ページ
■「晴れの特異日」には台風襲来

この記事の画像(1枚)