98キロのバーベルが首に落下 死亡した10代少年の母親がスポーツジムを提訴

トレーニング中の事故で重傷を負った少年が、15年という短い人生を終え旅立った。遺された母の決意に、注目が集まっている。

2020/10/10 18:20

ベンチプレス
(starush/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

運動が得意で、ジムにせっせと通い体力づくりにも励んでいた少年。しかしその最中に思いもよらぬ事故が発生し、病院に搬送されたものの回復の見込みはなく、家族はあまりにもつらい決断を迫られた。



 

■スポーツ好きだった少年

2017年9月のこと、オーストラリア・ブリスベンで暮らしていたスポーツ好きの少年(15)が、馴染みのジムでトレーニングに励んでいた。

この日、少年が取り組もうとしたのはベンチプレス。98キロのバーベルを挙げようとしたが重すぎたとみられ、バーベルは少年の首に落下した。事故発生時に少年の近くにスタッフはおらず、少年がようやく救い出されたのは、事故発生から30分ほどが経過した後だったという。


関連記事:花火に手を吹き飛ばされた少年 「事故は誰にでも起こりうる」と家族が警鐘

 

■少年の死と臓器移植

病院に搬送されてからずっと生命維持装置に生かされていた少年について、家族は医師団と話し合い、大変つらい決断を迫られた。

このとき、「すでに事故から3日が経ちます」「回復する見込みはありません」という医師団の説明に家族は納得。少年の死を受け入れることを決意し、生命維持装置の取り外しに同意した。

少年の死を家族、多くの友人、そして関係者が深く嘆き悲しんだが、少年の臓器は重病を患う複数の患者に提供され、多くの命を救った。

次ページ
■提訴を決意した母

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

損害賠償ジムスポーツジム死亡提訴スタッフ生命維持装置臓器提供ベンチプレスバーベル
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング