高嶋ちさ子、飲食店への迷惑行為を謝罪 「菓子折りを贈って…」

『ザワつく金曜日』で高嶋ちさ子が飲食店をドタキャンした経緯を明かして…

エンタメ

2020/10/10 09:40


 

■予約したはずが…

肉好きのちさ子は、行きたかった店を常にチェックしている。ちさ子はチェックしていた店に電話をしたつもりが、間違えて名古屋の別の店に電話し予約を取っていたのだ。

当日、予約したつもりの店は店休。予約した店から「今日は何時からいらっしゃますか?」と連絡があり、自身のミスに気がついたと明かす。

「人気店だっただけに、予約取ったのに行かなかったのがスゴイ罪悪感」と申し訳ない気持ちだったものの、名古屋までは簡単には行けない。「『申し訳ない』って一筆添えてお菓子を贈った」と謝罪したと振り返った。


関連記事:高嶋ちさ子、長嶋一茂の妻への発言に呆れ 「ウチなら命はないね」

 

■飲食店のキャンセル問題

以前から飲食店の無断キャンセル、ドタキャンが問題視されてきた。

「予約の無断キャンセルとか前日から仕込んでいるから時間もそうだけどロスが凄かった。本当に迷惑」「飲食店の予約などはキャンセル料を明記し、クレジットカード決済のみにしておくのが一番かと思います」など、これまでにもネットではキャンセルに関して多くの意見が散見されている。

悪気はなかったとはいえ、ちさ子の行為は飲食店側からすれば迷惑だったのは間違いない。

番組では、菓子折りは送ったと明言したもののキャンセル料金の支払いなどの対応については触れられなかった。とはいえ、心からの謝意をのぞかせたちさ子だけに、誠意ある対応をしたはずだ。

・合わせて読みたい→高嶋ちさ子、娘のいる父親に厳しい現実を突きつける 「女の子は10歳頃から…」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ