14歳少女が1日に2度も強姦被害に 「家まで送る」と助けた男が車内で豹変

エネルギーを持て余してパーティーに参加する若い男性たち。なかには危険すぎる下心を持った狼も…?

社会

2020/10/11 18:30

車
(west/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

パーティーは男女の素敵な出会いの場。意気投合した2人が真剣交際を始めることもあるだろう。しかし土地柄や会場、顔ぶれや提供される「飲食物」に問題がないか、よく考えてから参加するべきだ。



 

 

■1日に2度も強姦被害に

9月26日夜、スペイン・バレンシア県の華やかなダウンタウンで、ひとりの未成年者が異なる場所で相次いで強姦被害に遭うという、大変痛ましい性犯罪事件が起きた。

被害者は14歳の少女で、シャティバ通りにあるイベント会場で開かれたパーティーに、未成年者であることを隠して友人らと参加していた。


関連記事:妻に先立たれた中年男 性のはけ口にした少女5名にHIV感染させ逮捕

 

■優しい男まで「狼」に豹変

そのパーティーで、少女は未成年の少年を含む4人の男による集団レイプを受けた。そして心身の痛みに苦悶していたとき、1人の男が「自宅まで送ってあげる」と優しく手を差し伸べてきたという。

少女は疑うこともなく男の車に乗り込んだが、この男も車の中で豹変。なんと2度目の性的暴行被害に遭ってしまったという。地元紙は、男が少女に「自宅まで送り届けてやる代わりに性行為をさせろ」と迫ったと報じている。

次ページ
■「本人も同意」と男たち

この記事の画像(1枚)