産後に大量出血するも病院たらい回しで母子が死亡 医療怠慢の疑いも

出産の日を迎えた女性が病院に向かい赤ちゃんを産んだが、病院の対応は驚くほど悪く、最悪な結果になってしまった。

社会

2020/10/11 08:40

妊婦
(Blue Planet Studio/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

赤ちゃんとの対面を楽しみにしていた女性が、産後に驚くほど出血し体調を崩してしまった。それでも適切な対応をしてもらえず、声をあげて泣こうとしない赤ちゃんについても、十分な治療は受けられなかったという。



 

■産気づいた女性

インド・カルジャットで暮らしていた22歳の女性が、急に産気づいた。

「陣痛が始まりました」と伝えた上で病院に向かい、男の子を出産。しかしその直後に女性は大出血し、赤ちゃんも体を動かす様子がなかった。女性は明らかに輸血が必要な状態だったというが、病院にいるべき医師は不在だったという。


関連記事:車中で夫と緊急出産した女性 「成功したのは医療番組のおかげ」

 

■病院の対応

動かず泣こうともしない赤ちゃん、そして大出血したままの女性を見た家族が心配したため、看護師は「個人経営の病院に行って診察してもらってはどうか」と家族に提案。それを受け入れた家族はさっそく別の病院に向かうことにしたが、看護師は同行を拒否した。

仕方なく、家族は医療スタッフの付き添いなしで別の病院に移ることに。出血が止まらず衰弱した女性と赤ちゃんを連れ、別の病院に向かったという。

次ページ
■母子ともに死亡

この記事の画像(1枚)