キンコン西野、映画『プペル』のポスターに梶原の名前を載せない理由

YouTubeチャンネル『毎週キングコング』が更新。西野亮廣が映画『えんとつ町のプペル』のポスターに梶原雄太の名前を入れなかった理由を明かした。

エンタメ

2020/10/12 15:40


 

■「本気の作品と思われたかった」

すると、西野は梶原の名前を入れなかった理由を「本気の作品と思われたかった」からだと告白。「本気ってなったとき俺、お前切るねん」と述べた。

相方の記念すべき映画ということもあって梶原はなかなか納得できないようで「俺も本気やん」「あそこに載りたかったなあ」「そうそうたるメンツで……右下に入れてほしかったなあ」と愚痴っていた。


関連記事:宮迫博之、カジサックは「だいぶ疲弊」 週刊誌報道に反論しスタッフ移籍も否定

 

■「カジサックの扱い(笑)」

このトークに対し、コメント欄では「本気の時は梶原を切る(笑)」「笑った」「たしかにあれノリだと思ってた」「カジサックの扱い(笑)」などの声が寄せられることに。

結果、ポスターに名前が載ることは叶わない様子の梶原だが、アフレコの様子は今後カジサックのYouTubeチャンネルにて公開される模様。こちらも動画の公開を楽しみに待ちたい。

・合わせて読みたい→梶原雄太、ツイッター乗っ取り犯が書類送検 犯人の正体に「びっくりした」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太