小倉智昭、『鬼滅の刃』の勘違いに視聴者がツッコミ 「未来人説が浮上した…」

『とくダネ!』では、人気漫画『鬼滅の刃』を特集。番組MCの小倉智昭のコメントに、ツッコミが寄せられた。

エンタメ

2020/10/12 16:00

小倉智昭

12日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、とある温泉施設で人気漫画『鬼滅の刃』の単行本が盗難にあった事件を特集。番組MCの小倉智昭のコメントに、注目が集まっている。



 

■単行本が盗難される

原作の完結からしばらく経つものの、単行本の新刊が発売されると即日完売になってしまうほど、すさまじい人気の『鬼滅の刃』。山口県の温泉施設「おんせんの森」では、リラックスルームに設置してある本棚の中から『鬼滅の刃』全巻が盗難されたという。施設は、この被害についてツイッター上に投稿し、多くの人に拡散され、話題を呼んだ。

この投稿を見た一部のツイッターユーザーの間で、施設を応援したいという声が集まったようで、施設に『鬼滅の刃』の単行本の全巻セットなどが相次いで届いたそうだ。


関連記事:『アクタージュ』を激推ししていた記者に原作者の逮捕について聞いた結果

 

■「未来人説が浮上した」とツッコミ

この話題を受け、小倉は「私もこの間、24巻目だったかな…手に入れたんですけど。今回のは新品だけでなく、読み終わったのを送ってきている人もいるみたいですね。温かい話です」とコメントしている。

ただ、どうやらツイッター上では、施設に単行本が送られてきた話題よりも、現在22巻まで販売されており、23巻が最終巻の予定である『鬼滅の刃』の「24巻を手に入れた」と語った小倉のコメントに対し、注目が集まった。

「幻の24巻ゲットってヤバいな」「小倉さんの未来人説が浮上した…」「勘違いしちゃったんだね笑」といった視聴者からのツッコミが寄せられた。


■勘違いから引っ込みがつかなくなる人も…

小倉の場合は単に間違っただけだと思われるが、世の中には勘違いに気づいたものの引っ込みがつかずにそのまま突き通してしまった…という人もいるだろう。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,589名を対象に調査したところ、全体の23.0%が「経験あり」と回答している。

勘違いから引っ込みがつかなくなった

単行本の巻数を間違え、思わぬツッコミを受けてしまった小倉。ネット上では「小倉さん、しっかり確認してから話して!」といった指摘も少なからず寄せられていた。

・合わせて読みたい→原作者逮捕で打ち切りの『アクタージュ』、メルカリで転売相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・北田力也

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名(有効回答数)