アンジャ児嶋、悩むEXITに重すぎる助言 「相方は突然消えるもの」

『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』でアンジャッシュ・児嶋一哉がイジられまくり…

エンタメ

2020/10/12 17:20


 

■EXITは不満

2007年ごろから1人での仕事が増えた渡部。その当時から準備をしてきた児嶋は「最初はグチャグチャだった。そういうのも経験して準備しておかなきゃいけない」と熱弁した。

しかし過去にコンビ解散を経験しているEXITの2人は納得できないようで、「羨ましい。売れてるときに相方が消えると、それを理由にテレビに出れる。ずるい」「好感度も上がる」と暗に渡部バブルを強調。これに「言い方、それを理由に出てるわけじゃない」と児嶋は力なくツッコんだ。


関連記事:アンジャ児島、有吉弘行と騒動後初再会 加熱する児嶋イジリに「渡部のこと聞け」

 

■視聴者も「言葉が重い」

渡部の不貞行為発覚以降、好感度が上がりメディアへの出演も激増した児嶋だけに、渡部バブルはあながち間違いではないのだろう。

視聴者からは「児嶋さんまた自分から渡部さんネタ振ってるじゃん」「大変だよね、頑張って大島さんっ!!」「相方は突然消えるもの…児嶋さんの言葉染みる」「児嶋さんの言葉が重い」「児嶋さんの回答が切実すぎる」とさまざまな意見が寄せられている。

・合わせて読みたい→アンジャ児嶋、過去の事実捏造を謝罪「すみませんでした」 真相に爆笑

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ