未成年との交際を反対され逆恨みした20代の男 少女の両親を殺害し逮捕

少女との気楽な関係を楽しみたかった男が、反対した少女の父親を恨むように。復讐として少女を殺そうと考えたが、計画は完全に狂った。

社会

2020/10/13 11:00

女子高生
(metamorworks/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

10代の少女を好きになったものの、怒り狂った少女の両親に「娘を狙いハラスメント行為をやめない人物がいる」と通報された男。その後に話し合いの場をもうけ解決したとみせかけ、男はとんでもない復讐に走った。



 

■10代少女との交際

インド・カラブラギで暮らす21歳の男が10代の少女と知り合い、深い付き合いを望むようになった。

「娘も男を気に入っている」と知った両親は、少女が未成年であることもあって、しだいに不安を募らせるように。そこで「あの男とは別れなさい」と少女に命じたほか、父親は念のため警察を含む当局にも相談。男の行為をハラスメントに該当すると話し、情報を提供した。


関連記事:SNSで知り合った女児と交際したHIV感染者を逮捕 感染させようとした疑いも

 

■父の不安と怒り

少女との交際を続けたい。そう願った男は父親に対し「お嬢さんが結婚できる年齢に達したら妻にしたい」などと伝え、交際を許可してほしいと懇願。それを聞いた父親は、「ならば…」としぶしぶ交際を認めたという。

しかしその後もふたりが婚約する気配はなく、真剣だという男を信用していた父親は再び激怒。男の両親にも会い「このままなら、もう一度通報することになる」と伝え、男の逆鱗に触れた。

次ページ
■逆恨みした男

この記事の画像(1枚)