ファーストサマーウイカ、カメラのバグで衝撃の絵画化 「怖すぎ!」の声も

タレントのファーストサマーウイカが恐怖の加工写真を公開。ファンからは驚きの声が寄せられた。

エンタメ

2020/10/13 08:00

ファーストサマーウイカ
(写真提供:JP News)

11日、タレントのファーストサマーウイカが自身のインスタグラムを更新。衝撃的すぎる自撮り写真に、大きな注目が集まっている。



 

■ウイカが別人に変化

ウイカは投稿で「恐怖のカメラアプリバグ…」とコメントを添え、9枚の自撮り写真をアップした。1枚目の写真を見ると、顔が半分しか写っておらず、誤作動なのか不意打ちで撮影された様子がうかがえる。

どうやら、アプリのは写真加工もしていたようで、投稿された写真を進めていくうちに、加工の度合いがどんどん強くなっていく。最終的には印象派の絵画のような状態にまでなってしまい、パッと見ただけでウイカと判断できる人はまずいないほどの画像になった。


関連記事:ウイカ、衝撃のエゴサ回数にファン驚愕 マウント発言の真意とは…

 

■「怖すぎ!」と衝撃を受けるファン相次ぐ

ウイカの衝撃的すぎる自撮り写真を見たファンの中には恐怖を感じた人もいるようだ。

投稿には「いや、怖すぎ!」「もう誰だかわかんないよ…」「バグの加工能力の高さがスゴい」「ムンクの『嘆き』みたいな写真になってるね」といった声が多数寄せられている。


■加工なしの写真を投稿するのは嫌?

SNS全盛の現代において、投稿に載せる写真には加工がマストと考える人も多いのでは。中には、目の大きさや頭身などをイジり、写真と実際の姿が大きくかけ離れている場合も少なからず存在する。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国10代~60代のSNSユーザー男女828名を対象に調査したところ、全体の22.7%が「SNSに自撮りを載せるときは加工アプリを使う」と回答した。

カメラアプリによって風貌をガラリと変えられてしまったウイカ。投稿には「めっちゃ面白いから、またバグってほしい」といったコメントも寄せられており、次なる投稿を待ち望むファンもいるようだ。

・合わせて読みたい→ファーストサマーウイカ、女優は化粧が下手と力説 「する必要がない」

(文/しらべぇ編集部・北田力也

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代のSNSユーザー男女828名 (有効回答数)