衝撃ビジュアルの「映えうどん」 大量クリームに潜むカロリーの謎を追った

映えるうどんがあるといううどん店「山下本気うどん」が、渋谷に2店舗目をオープンさせた。

グルメ

2020/10/14 08:40

元よしもと芸人で、現在は芸能記者であるインタビューマン山下(当時の芸名はオモロー山下)が2012年に創業したうどん店「山下本気うどん」。現在は飲食店を手がけるガーデンが運営しており、今年10月、渋谷に2店舗目(都内に合計3店舗)をオープンした。

早速しらべぇグルメ女子が、混み具合、提供時間、味などを確認してきた。


画像をもっと見る

 

■井の頭線・渋谷駅から徒歩30秒

「山下本気うどん道玄坂店」は井の頭線のアベニュー口から徒歩30秒という好立地にある。JRのハチ公口からでも徒歩5分ほどでたどり着くことができ、大きな交差点を渡る必要があった南口店舗よりも気軽に来店できる。

開店すぐに行ったので店頭にはお祝いの花輪。ユーチューバーのフワちゃんやヒカル、雨上がり決死隊・宮迫博之などの花輪が飾られていた。

平日のランチタイムに向かったが、列をなすほどではなくすぐに入店できた。席数は合計46席。うどん店としては平均的な感じだが、比較的ゆっくりとくつろげる空間になっていた。


関連記事:絶妙な味のハーモニーが愛されるカレーうどん 好みには地域差も

 

■名物は「白い明太クリームチーズうどん」

山下本気うどんといえば、名物「白い明太クリームチーズうどん」だ。

うどんらしからぬ見た目で、インスタ映えを狙う女子から人気がある。一番人気ということもあり、ひとまずそちらを注文してみる。提供時間は思ったより早く、注文から5分ほどでうどんが到着した。

こちらが「白い明太クリームチーズうどん」(税込1,100円)。

うどんの上に無糖生クリームのエスプーマが乗っていて、ぱっと見はうどんというよりパンケーキかと疑う。女子の目から見てもこれを「かわいい」と思うわけではないのだが、見た目のギャップからSNSにはポストしたくなる…!

次ページ
■映えるとは何ぞや…と自問自答

この記事の画像(9枚)