50代女性の4割が「3重災害のために備え」 コロナ・台風・地震に対して

新型コロナウイルスに加えて、台風や地震への備えも必要となる。3重災害への対策は、どうしているのか。

ライフ

2020/10/14 12:00


 

■避難所が密になる

避難所が密になるのを、恐れている人も多いだろう。

「台風や地震で避難所に行ったときに、密になってしまう可能性がある。避難所でソーシャルディスタンスを取ると収容人数が減るし、他の手段も考える必要があると思った」(30代・女性)


「家は比較的高台のほうにあるので、台風のときには自宅でもいいと考えるようになった。ただ地震のときには、避難所を頼るしかないけれど」(40代・男性)


関連記事:キャンドゥの「100円懐中電灯」が優秀で心強い 台風シーズンの備えに

 

■必要以上に恐れない

必要以上に恐れるのも、よくないとの意見もある。

「災害は怖いけれど、人には最低限の対策くらいしかできない。必要以上に不安を抱くのもよくないので、普段はあまり気にしないようにしたほうがいいと思う」(30代・女性)


一人では、限界があるとの声も。

「新型コロナ、台風、地震、どれか一つでも怖いもの。一つの対策をするのも大変なのに、すべてとなると一人の力では限界があると思う」(40代・男性)


自分でできる最低限の備えは、しておく必要があるだろう。

・合わせて読みたい→「緊急地震速報は空振りでしたが…」 続く言葉にハッとする

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)