「浮気した罰だ」と主張する男 妻の頭部をぶら下げ警察に自首

妻の浮気を疑い、カッとなって凶器を手にした男。妻の息の根が止まったことを確認すると、その首を…。

社会

2020/10/17 16:40

浮気
(MR-MEN/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

妻が他の男と浮気するというのは、男にとってはプライドをズタズタにされる忌々しいこと。「疑いがある」というだけで頭に血が上る男も少なくないようだ。



 

■妻の頭部とともに自首

インド・ウッタルプラデーシュ州北部のバーンダー県で今月2日、凶器と妻の血まみれの頭部を手にぶら下げた男がバベル警察署に突然現れ、人々を震撼させた。

激しい口論の末に妻を殺害して首を切ったと言って自首し、取り調べにも素直に応じた男。しかし「悪いのは妻。隣人の男と浮気をした罰だ」と主張しているという。


関連記事:妻に浮気相手の殺害を強要した夫 復讐を果たし夫妻そろって逮捕へ

 

■妻との浮気を疑われた男も…

男は30代のチナー・ヤダブ。妻のヴィムラさん殺害および死体損壊につき逮捕されたが、妻との浮気を疑った隣人の男性も激しい暴行を受けており、ヤダブ容疑者による犯行であれば、男性に対する暴行あるいは傷害の容疑もさらに加わる模様だ。

なお、妻とその隣人の男性が実際に浮気をしたという証拠は得られていない。

次ページ
■妻の不貞を許さない男たち

この記事の画像(2枚)