「夫の見た目がタイプでない」 8割近くが感じる理想と現実の違いとは

理想と現実に差がありすぎると、人は落ち込むものである。どのうようなことで、ショックを受けているのだろうか。

ライフ

2020/10/18 20:40


 

■サンプルと実物の違い

お店の商品サンプルと実物が違い、ショックを受ける人も多いようだ。

「とても小さなことだけど、飲食店のサンプルを見てオーダーしてみるとスケールダウンしたものが運ばれてくることが多い。サンプルには立派なえび天が乗っていたのに、実物は小さかったなど…。


地味な話だけれど食事は日常の中でも大きな楽しみなので、かなりショックを受けている」(30代・男性)


関連記事:ちょっとくらい妥協しても… 恋人とうまくいく付き合い方は?

 

■画像の加工をしすぎて

自撮りの加工後の写真と現実の自分があまりにも違うため、戸惑っている女性も。

「自撮りをネット上にアップするときには、もちろんしっかりと加工している。これを男性は『詐欺だ』というみたいだけど、私も加工画像と現実の違いに落ち込んでいる。


加工した画像と鏡の自分を見比べると、肌のきれいさや顔のシャープさがまったく違うから。とにかく加工後の写真には、理想の私が詰まっている」(20代・女性)


人々は理想と現実の違いに折り合いをつけながら、毎日を生きているのだろう。

・合わせて読みたい→子供の授業参観に夫婦で出席 授業中「夫の放った言葉」にショックを受ける

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)