娘からの精神的虐待に耐えた末に… 過失致死罪に問われた父親が2年で釈放へ

30代半ばの娘を支えようと、懸命に耐えていた老いた両親。その生活も娘殺害という形で終わり、父親は刑務所へ…。

社会

2020/10/18 07:45


 

■父親に下された判決

「過失により娘を死に至らしめました」と認めた父親に対し、裁判官は今年の10月12日に「懲役2年9ヶ月の実刑判決がふさわしい」と言い渡した。しかし事件発生からすでに約2年が経過しているため、父親は間もなく釈放されるという。

裁判官は必死に娘を支えていた父親に同情し、「献身的で愛情深いお父さんだということを、こちらも理解している」と発言。今も殺害を後悔しているという父親は、裁判官と弁護団に感謝の気持ちを伝えた。


関連記事:14歳少女が生きたまま焼かれ死亡 実行犯の親戚を逮捕

 

■家族に殺意を抱くことも

しらべぇ編集部が全国10代~60代の男女1,732名に調査したところ、全体の22.6%が「家族に殺意を覚えたことがある」と回答した。

家族殺意

父に「アンタを殺してやりたい」と言い放った娘を、自衛のために殺害してしまった父親。殺人という罪を犯しはしたものの、この父親を責める声は決して多くはない。

・合わせて読みたい→未成年との交際を反対され逆恨みした20代の男 少女の両親を殺害し逮捕

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)