関根勤、妻への愛が爆発 「今でも奥さんのお風呂入っているところ見たい」

『ボクらの時代』に関根勤が出演し、自粛期間中に激やせしたことや、妻への思いなどを赤裸々に語った

エンタメ

2020/10/18 10:20

関根勉

18日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に関根勤小堺一機柳沢慎吾が出演。関根が自粛期間中に激やせしたことや、妻への思いなどを赤裸々に語った。



 

■「ぎんざNOW!」で芸能界入り

伝説の素人参加型番組「ぎんざNOW!」の素人発掘オーディションでそれぞれ優勝し、芸能界の扉を開けた関根、小堺、柳沢。

当時は「アシスタントディレクターでも怖かった」と小堺が話すと、芸を見せても「つまんねーよ。どこで笑っていいのか教えてくれよ」と高圧的な人が多かったという。


関連記事:意見分かれる「女遊びは芸の肥やし」論 最も否定的だった世代は…

 

■オリラジよりも早いデビュー

大学3年生のときに、番組で5週勝ち抜き、翌週からいきなりレギュラーとしてバラエティ番組に出演した関根。「乱暴ですよね」と笑うと「オリエンタルラジオだって、デビュー早かったとはいえ、養成所で勉強していたじゃないですか」と昔の芸能界の大らかさを懐かしそうに振り返る。

素人同然のなか、苦労することも多かった。特に「欽ちゃんのどこまでやるの!」では、これまでの芸能生活でも最もプレッシャーが強く「出演前は、大巨人に胃袋を掴まれたみたいに痛かった」と苦笑い。

そこで師匠である萩本欽一から「100万円持っていたら、それをそのままかざした芸をしている。5万円だけ出して、95万円はここにあるんですよという芸をしなさい」と助言を受け、視野が広がったという。

次ページ
■奥さんがお風呂入っているところが見たい