活発すぎた9歳男児が死亡 よじ登った更衣室のロッカーが倒れて下敷きに

「うちの子はヤンチャ(お転婆)で…」と嘆く親は少なくない。活発で冒険心が強い子は怪我も絶えないという。

社会

2020/10/19 09:40

小学生・男子・サッカー
(ziggy_mars/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

何かを目にして興味を抱いたとき、危険察知能力が高く慎重になる子もいれば、冒険心や好奇心を抑えられなくなり、積極的に遊びを仕掛けていく子もいる。我が子を事故から守ってあげたいと親は常に真剣だが…。



 

■兄がいる高校に父親と

昨年5月23日、英国・エセックス州チェルムズフォードにあるグレートバッドウ高校の更衣室で、レオ・ラティフィくんという9歳の男の子が倒れてきたロッカーの下敷きになり、死亡した。

同高校の水泳部にレオくんの兄が所属しており、その様子を父親がプール脇で見学している間、レオくんは同年代の友人と一緒に更衣室に入っていたという。


関連記事:抵抗した6歳の子の目の前で… 父親が母親をコンクリートで13回殴り殺害

 

■階段のように足をかけ…

更衣室のロッカーは、高さ1.8メートルで3マス、幅1.5メートルで5マス、奥行きが0.5メートルという標準的なものだった。

少年2人はそのロッカーに足をかけて階段のようによじ登ったが、あるときロッカーが前に倒れ込み、バランスを崩したレオくんは頭をベンチに強打し、さらにロッカーの下敷きになった。

同高校におけるロッカーの最後の安全点検は2017年のことで、扉が外れている場所も複数あった。また、背は安全金具で壁に固定されておらず、補償に関して今後それらが議論される可能性はありそうだ。

次ページ
■「活発な子には十分な注意を」

この記事の画像(2枚)