妊娠9ヶ月の女性が1.6kmランを好タイムで完走 動画には68万超の「いいね」

イベント参加者の平均記録は9〜10分。初心者では12分ほどもかかるという。

社会

2020/10/19 10:00


 

■「大丈夫」の太鼓判

何年間もフィットネスを続けてきたため、体力には自信があったマケナさんだが、イベントの参加にあたっては産婦人科の医師2名に相談していた。

1人目の医師は、トップアスリートの妊娠中の活動をサポートした経験があり、2人目の医師は慎重派だったが、超音波検査で胎児の成長にまったく問題がないことを証明してくれたという。

こうして参加が決まると、夫のマイクさんも「8分以内にゴールできたら1万円あげよう」と笑って励ましてくれたそうだ。


関連記事:「妊娠中の新型コロナ感染で約6件に1件が早産」 WHO調査チームが若い世代に警鐘

 

■走るのが好きな人は少数派

しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女1,789名を対象に調査した結果、「ジョギングが好き」と答えた割合は全体の16.9%。10代の25.3%がトップで、60代になると11.9%まで下がってしまうことがわかった。

ジョギングが好き

やはりジョギングやマラソンは、体力がみなぎっている若い人向けのスポーツということになるのかもしれない。

このたび驚きのランニングをみせたマケナさんも、取材の最後に「妊婦中の健康状態や体力、胎内の様子には個人差があり、誰もが私と同じというわけではありません」と話し、決して真似をしないでと注意を促している。

・合わせて読みたい→10歳女児が強姦され妊娠 裁判所が認めた中絶手術に批判の声も

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日 
対象:全国の10~60代の男女1,789名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)