地元農家が実践する「映えるむき方」で美味しさ10倍? 有田みかんの出荷開始

冬の風物詩である「有田みかん」。その極早生が早くも全国に向けて出荷されている。

地域

2020/10/19 14:00

有田みかん

11月ごろから本格的に出荷が始まる和歌山のみかん。

中でも10月に収穫、出荷されるものは「極早生(ごくわせ)」といわれるが、19日、早速今冬みかんのトップバッターとして「有田(ありだ)みかん」極早生が全国に向けて出荷されている。


画像をもっと見る

 

■極早生は甘酸っぱさが特徴

温暖な有田地方で生産された温州みかんを指す有田みかんは、生産量全国一を誇る和歌山を代表するみかんとして2006年にブランド化。

通常の有田みかんは酸味が少なく、甘み強く、そして柔らかく薄い皮が特徴だが、極早生はまだ皮全体に青みが残っており、甘酸っぱくさっぱりした味覚と、“初モノ”という縁起の良さがウリになっている。


関連記事:ローソンの『鬼滅の刃』コラボの人気商品 転売ヤーたちも注目か…

 

■豪快な食べ方

この有田みかん。近年有名になったきっかけの一つが、「有田むき」という地元民だけが愛する独特な皮のむきかただ。

通常はバナナのように、中心から放射線状に皮をむき、身を完全に出してから食べるが、「有田むき」は“外皮ごと”豪快に4等分に割ってから、食べるごとに皮をむいていく。

次ページ
■その由来とは…

この記事の画像(3枚)