Go To Eat開始したくら寿司、超お得だが家族連れには落とし穴も

くら寿司のGo To イート、思わぬ落とし穴が…

グルメ

2020/10/20 08:00


 

■テイクアウトや1貫200円で調整可能

じゃあうちの子まだ幼稚園だから無理じゃん…と思う人、ちょっと待ってほしい。くら寿司にはテイクアウトもあるし、赤出汁や緑茶、わさびやマヨネーズ、ドレッシングなども売られている。

そのため、会計時にGo To Eatの対象になる金額をそういった商品で調整すれば、なんとかなることもある。また、200円1貫の寿司や100円の冷緑茶も併用すれば、食事の量もある程度は調整可能だ。


関連記事:Go To Eat利用可能 インド料理と中華料理両方楽しめる『海老専家』が面白い

 

■食べられない場合はランチで

しかし、パパもママもどちらも小食の場合は、どのような方法を使っても正直言って相当キツくなることを覚悟してほしい。

また、ディナーだと1000円以上だが、ランチの場合は500円以上で対象になるため、食べられない場合はそちらを利用するのもいいだろう。

・合わせて読みたい→Go To Eat利用可能 焼肉と寿司が同時に楽しめる夢の店『寿し和 和香苑』

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(1枚)