ローソン、新発売のたまご焼きサンド 分厚さがとにかくスゴい…

ローソンは10月20日から『ふっくりTAMAGOサンド』を発売。分厚いたまご焼きのボリュームがスゴい…

グルメ

2020/10/20 17:20

大手コンビニチェーンのローソンは10月20日から、分厚いタマゴを挟んだサンドイッチを発売した。


画像をもっと見る

 

■分厚さがとにかくスゴい

それが、『ふっくりTAMAGOサンド』(税込298円)で、商品名のとおり「ふっくり」とした分厚いたまご焼きが入っているのが特長。1つあたり100円とやや割高な印象もあるが、たまご焼き好きにはたまらないだろう。

たまごがとにかく分厚い。公式サイトの画像イメージではパンにぎっちりとたまご焼きが詰まっている印象だったが、実物は多少の隙間はあるよう。それでもボリュームは十分といえるか。ちなみに、カロリーは271kcal。


関連記事:二郎系ステーキ店が横浜市にもオープン 新小岩の人気店と比較してみた

 

■好みは分かれるかも…

気になる味だが、やや薄味ながらコクのあるたまごの味がしっかりと口に広がる。ディジョンマスタードがアクセントとして効いており、飽きることなく食べ進めることができる。

ただ、噛んだときの食感が、家庭で作るたまご焼きのようなしっかりとしたものではなく、やや柔らかいため、そのあたりは好みが分かれるところだろう。記者としては、もう少し噛みごたえのあるたまご焼きだとよかったと感じた。


■たまご焼き好きは試す価値あり

中身はこのような感じ。パンの大体半分くらいの面積にたまごが入っており、バターやマスタードソースなどが塗られている。

また、サンドイッチ全体の厚みは4cm以上。定規の計測位置が正しい位置ではないため正確ではないが、かなり分厚いことが分かる。たまご焼きもおよそ2cmとボリューミーだ。

値段を考えると、「コスパ最強!」と呼ぶには難しい『ふっくりTAMAGOサンド』だが、たまご焼き好きユーザーなら一度試す価値はあるといえる。

・合わせて読みたい→マクドナルド、進化した月見バーガーを食べて驚き… ふわとろ食感がスゴい

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

この記事の画像(5枚)