松屋の最新メニューがとうとう「貴族の料理」に… その値段も驚きだった

松屋の新メニューにトリュフを使ったハンバーグが登場。ネット上では高い期待を寄せる声が続出している。

松屋

大手外食チェーンの松屋が27日午前10時より注目の新メニュー「黒トリュフソースのビーフハンバーグ定食」を販売すると発表。

トリュフを使いながらも定食で税込890円というリーズナブルな価格設定に、ネット上で「絶対美味しい」「旨そう…」「貴族の食べ物」と高い期待を寄せる声が相次いでいる。



 

■トリュフのソースで…

松屋

トリュフ…そう庶民はなかなか口にできないリッチな食材だ。

今回の新メニューは、そんな世界三大珍味を使った豪華仕様で、牛肉の旨味をしっかり味わえるビーフ100%の粗挽きビーフハンバーグに、黒トリュフソースをたっぷりかけた一品である。

ジューシーで香り高く、さらに肉塊の下には、北海道産の甘くホクホクのポテトを敷き詰めている。肉とポテト、そして黒トリュフソースと絡めれば、味わいはさらに深く、ボリュームも満点だ。


関連記事:ジョナサン、秋の味覚が食欲そそる新メニューが全てテイクアウト可能

 

■前評判も上々

じつはこの黒トリュフソースのビーフハンバーグ、9月末に一部店舗でテスト販売が行われており、その時から注目度が高かった。

実際に体験したユーザーからは「とても美味しい」「早く全国展開して!」「1500円くらいしそう」と高い評価が上がっており、正式リリースが待たれていた。


■ライス大盛りで定食強化

新発売を記念しキャンペーンも実施。

11月10日午前10時までに「黒トリュフソースのビーフハンバーグ定食」、「黒トリュフソースのビーフハンバーグ定食ポテトサラダセット」(950円)を注文すると、無料でライス大盛を選択できる。

そう、ここは“みんなの食卓”松屋。ソースをライスにぶっかけて食べる…そんな豪快な食べ方をとがめる者は誰もいないのである。

・合わせて読みたい→マクドナルド、ポテトが全サイズ150円 プチパンケーキのソースで食べたら…

(文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事の画像(2枚)