大気汚染はパーキンソン病やアルツハイマー発症にも関与? 6300万人超の調査結果が公開

「決してかかりたくない」と、誰もが強く感じている各種の神経変性疾患。リスク要因を知り、回避したいものだ。

社会

2020/10/25 18:20

大気汚染
(CHUNYIP WONG/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

パーキンソン病やアルツハイマー病については、自身が遺伝子的なリスクを抱えているかどうかも気になるが、発症の引き金になるものも知りたいところだ。そんな中、英米の共同研究チームが17年にわたる調査の結果をまとめて有名医学誌に報告し、多くの人の関心を集めている。



 

■大気汚染の恐ろしい害

医学誌『ランセット・プラネタリー・ヘルス』に、次のような発表があった。

「パーキンソン病やアルツハイマー病などに代表される神経変性疾患の発症に、大気汚染も大きく関与することが判明した」


「特に深刻なのはPM2.5。その悪影響を受けるのは呼吸器や心血管だけでなかった」


ハーバード大学公衆衛生大学院の生物統計学を専門する研究チームと、イギリスの生態学・水理学研究センターの研究チームが共同で発表したものだ。


関連記事:症例56件のみの獣人化現象「ゾアントロピー」 自身を鶏と主張した女性を認定

 

■6,300万人超を17年追跡

調査は神経変性疾患の発症リスクに焦点を当てたもので、6,300万人を超える米国の高齢者を対象に、17年にわたる観察が続けられた。

神経変性疾患にはパーキンソン病、アルツハイマー病、ハンチントン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などがあり、大気汚染との関連性が指摘されることは以前にもあったが、これほど大規模な調査の結果が発表されたのは初めてだという。

次ページ
■「まさか脳までとは…」

この記事の画像(1枚)