死んだ姑のかび臭い服を着せられ… 小姑らによる壮絶いじめを苦にした嫁が自殺

義理の家族らに受け入れられず、嫌がらせに耐えながら暮らしていた女性。その死を知った父親が通報し、警察が捜査を始めた。

2020/10/25 08:00

離婚
(bangkok/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

結婚し人妻になったものの、義理の家族との関係が悪く苦しんだ女性。頼りにしていたはずの夫も、血の繋がりがある親族を優先していたようだ。


画像をもっと見る

 

■小姑に嫌われた女性

インド・ムンバイで暮らしていたある女性(27)は、2019年12月に愛する男性と結婚することに。しかし式を挙げようにも肝心のお金が足りなかったため、新婚夫婦に代わり、夫の女きょうだいが式の費用を捻出したという。

そうしてようやく式を挙げ、女性は義理の家族と同居生活をスタート。だが小姑となった夫の女きょうだいは女性を完全に見下し、つらくあたるようになった。


関連記事:出会い系で見つけた男性との同性愛不倫から妻に高額保険金かけ殺害 夫に実刑判決

 

■陰湿すぎる嫌がらせ

小姑に悪口を聞かされた義理の家族数名が女性を嫌い、いじめに加担。一番の味方と信じていた夫もすぐに女性に飽き、しだいに冷たくなったという。

そんなある日、小姑は10年前に死んだ姑の衣類を差し出し、「あんた、これを着なさいよ」と女性に要求。すでにこの世にはいないとはいえ、姑の物。

「イヤ」「気持ち悪い」とは言えず身につけたが、汚れたままの状態で10年も放置されていた姑の服はカビ臭く、女性にとっては苦痛でしかなかったという。

次ページ
■死を選んだ女性

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

結婚警察イジメ自殺費用同居義理小姑
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング