日本初のりんご飴専門店がコロナ禍でも黒字決算 その秘訣を運営者に直撃

屋台とは全く違うりんご飴の秘密。店を経営する代表の熱い想いとは…

話題

2020/10/25 15:25

りんご飴
(写真提供:ポムダムールトーキョー)

人気ドラマに登場したり、体験ツアーが実施されるなど、今大注目のりんご飴。そんな中、日本初のりんご飴専門店が、「コロナ禍でも黒字決算を収めた」と話題になっている。しらべぇ取材班は、その秘訣を代表に直撃した。


画像をもっと見る

 

■またたく間に完売した御礼イベント

2014年7月にオープンしたりんご飴専門店「ポムダムールトーキョー」(東京都新宿区)。ポムダムールはフランス語でりんご飴を意味し、アメリカ発祥でフランス文化の息づいた日本生まれの新しいりんご飴を提供し続けている。

24日は黒字決算のお礼の意味を込めて、オンラインストアで「50個限定送料無料イベント」を実施。アクセスが殺到し、またたく間に売り切れた。


関連記事:菅田将暉、TOKIO・長瀬智也の悲しすぎる失敗談に悲鳴 「そんな長瀬智也イヤ!」

 

■屋台で見た風景に疑問を持ったことで

代表の池田氏がりんご飴専門店を始めたキッカケは、屋台でりんご飴を楽しそうに食べる風景を見て、疑問を持ったことだった。「こんなにきれいなりんご飴がなぜ屋台でしか売っていないのだろう」と。

青森県産のりんごを毎日仕入れて作るりんご飴を店内で食べることも、テイクアウトすることも可能だ。メニューにあるプレーンやシナモン、ショコラは一個600円で、ソフトドリンクも提供。また、東京店限定でアルコールも楽しめる。

次ページ
■黒字決算にできた理由

この記事の画像(4枚)