日本テレビ『スッキリ』で半沢直樹の特集始まり… 「これ大丈夫?」と視聴者衝撃

『スッキリ』にて、人気ドラマ『半沢直樹』に関する特集が組まれたが、視聴者からはツッコミが相次ぐ事態に…。

エンタメ

2020/10/26 12:30

日テレ・日本テレビ

26日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、とある大人気ドラマ作品を特集。かなり気合の入った特集であったが、視聴者からはツッコミの声が多数寄せられている。



 

■今回フォーカスしたのは…

ドラマだけに限らず、漫画や小説、アニメ作品で重要なのはキャラクターの魅力。もちろん味方キャラの魅力も重要だが、名作と呼ばれる作品はいわゆる「敵サイドのキャラ」の人気も高いケースが非常に多い。

同日のスッキリでは日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)にて、主人公・半沢直樹に敵対するIT企業社長・平山一正役を演じた土田英生、半沢を逆恨みする銀行員・曽根崎雄也役を務めた佃典彦らの素顔にフォーカスした特集を放送。


関連記事:週明け「半沢ドーピング」にハマる会社員急増か 20代の男性社員に多い特徴は…

 

■視聴者に衝撃

と、ここで視聴者は『半沢』の放送局に注目。『スッキリ』は日本テレビの情報番組なのだが、『半沢』はTBS系列のドラマのため、今回の特集は異なる放送局の作品を大々的に取り上げているということになる。

これを受け、ツイッター上には「日テレで半沢特集やっても大丈夫なのか」「それほど半沢人気がスゴいんだろうな」「日テレが半沢推しまくってて和む」といった視聴者の声が多数上がっていた。


■ドラマを見るのは好き?

ちなみに以前、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,653名を対象として調査を実施したところ、「ドラマを見るのが好き」と回答した人は全体の44.2%と判明。

全年代を通じて男性より女性のほうがドラマ観賞を愛好しており、中でも10代女性はポイント値が10代男性の2倍となっている。ドラマ

『半沢』の最終回から早や一ヶ月が経過しているが、その人気は未だ衰えることを知らないようだ。

・合わせて読みたい→及川光博、『半沢直樹』を出演者目線で解説 「顔芸じゃなくて顔プロレス」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)