AYA考案の過酷トレーニングに苦悶 緊張感漂う現場で涙する挑戦者も…

今夜放送の『スポテイナーJAPAN』。AYA考案の過酷トレーニングサバイバルで、日本版カリスマ“スポテイナー”を発掘していく。

エンタメ

2020/10/26 14:00

スポテイナーJAPAN
(©︎AbemaTV,Inc.)

フィットネストレーナーのAYAがオーガナイザーを務める番組『スポテイナーJAPAN』(ABEMA)が、本日26日深夜0時20分より放送開始する。



 

■日本版カリスマ“スポテイナー”を発掘

今、韓国において、SNSから人気に火がつき、女優として大スターになるケースもある“スポテイナー”(スポーツ+エンターテイナーを掛け合わせた造語)。

ABEMAがテレビ朝日と共同制作する新たなバラエティー枠 『ネオバズ!~BUZZる!ネオバラ~』(以下『ネオバズ!』)の月曜日である本番組では、美ボディを持つ挑戦者たちがAYA考案の過酷なトレーニングでサバイバルを行い、日本版のカリスマ“スポテイナー”を発掘していく。


関連記事:横山由依、美脚際立つ汗だく姿を披露 「目が離せない」とファン絶賛

 

■過酷なメニューに挑戦者苦悶

サバイバルに参加するのは、ジュニアオリンピック出場経験のあるスイマー、人気ダンサー、ユーチューバー、美ボディコンテスト優勝者、フィットネスママら、日頃からストイックにトレーニングを重ねる美しき8人。消費カロリーやトレーニングができた回数で順位を競う。

1stステージはスタミナを測る「エンジンワーク」。通常のエアロバイクより負荷が大きいマシンを漕ぎ、消費カロリーを競うだのが、「持久力には自信がある!」と笑顔を見せていた候補者たちも、通常のエアロバイクより負荷が大きいマシンに次第に苦悶の表情になっていく。

次ページ
■不甲斐ない結果にAYAが怒り

この記事の画像(2枚)