ボボボーボ・ボーボボ、伝説の「オシリスの天空竜」が17年の時を経てトレンド入り

28日午前、突如ツイッタートレンドに「オシリスの天空竜」が出現。併せて漫画『ボボボーボ・ボーボボ』に注目が集まっている。

話題

2020/10/28 12:30


 

■何故ここまで愛されるのか?

こちらのオシリスの天空竜が登場する回は、同作が連載第3回にして何の告知もなしに人気投票の結果を発表した「伝説の人気投票回」と並んでネット上では非常に人気の高い話である。

というのも、「『オシリスの天空竜』を召喚するぜ!!」とボーボボの頭から飛び出して高らかに宣言する『遊戯王』の主人公・武藤遊戯が、ボーボボの作者・澤井啓夫氏でなく、遊戯王の作者・高橋和希氏によって描かれており、作中屈指のインパクトを放っているのだ。

ボボボーボ・ボーボボ

しかし肝心の召喚された天空竜は澤井氏の何とも味のある絵柄で描かれており、作中のキャラからは「悲しいことに澤井の画力が追いついてねー!!」と勢いよく突っ込まれている。

熱心なボーボボファンの中には、「オシリスを召喚するぜ!」だけでなく、「作者の画力が追いついてねー!!」を含めてワンセットと捉える勢力も少なくない。


関連記事:イオンのマスクショップ 「マスクと一緒に使うべき神商品」があった…

 

■新旧ファンもニッコリ

同話がジャンプ本誌で掲載されたのは2003年のため、じつに17年の時を経てツイッターのトレンドに登場したことに。

ツイッターでは、掲載当時を知る古参ファンからの「リアルタイムで読んでて腹抱えるほど笑った」「懐かしすぎるだろ…」「伝説のオシリス回だぞ!!」といった感動の声が多数上がっている。

オシリスの天空竜が召喚されるシーン自体はネット上で非常に多く出回っているため、この回を読んだことがなくとも、「話題のシーンだけは知っている」という人も多いことだろう。今回の配信をきっかけに、ボーボボの沼に浸かってみてはどうだろうか。

・合わせて読みたい→石田ゆり子のSNSに石田ひかり 「いくつになっても美人姉妹」とファン歓喜

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(3枚)