明石家さんま、大竹しのぶとの結婚を「えらい目におうた」と自虐 「ドラマも嘘ばっかり」

離婚経験のある明石家さんまが、自身が結婚した頃を回顧。しかし、あまりいい思い出がないようで…

エンタメ

2020/10/29 07:20

明石家さんま
(写真提供:JP News)

28日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、司会の明石家さんまが、女優・大竹しのぶとの結婚について「えらい目におうた」と述べた。



 

■不況下では女性が派手に?

この日の番組後半で扱われたのは「渋谷」。歴史から駅の構造、オカルトな情報まで、専門家やゲストがあらゆる話題を繰り広げた。SNSトレンド評論家の山口夕依氏からは、「今年、アムラーファッションが20年ぶりに流行している」との情報が。

また、携帯などの持ち物をデコる(デコレーションする)文化も復活しつつあると語られ、マーケティング評論家の牛窪恵氏が「不況のときはデコが流行る」と補足していく。

牛窪氏いわく、不況時は人々がベーシックなものを身に着けるため、デコることで個性を出す傾向にあるのだという。


関連記事:マツコ、男性が最終的にぽっちゃり女性を好きになるワケ 「説得力ある」

 

■好景気だと「太眉」に

認知科学評論家の中野信子氏も、「今は細眉が再流行している」「安室(奈美恵)ちゃんの頃も細かった」とコメント。不況下では女性の専業主婦志向が高まり、異性ウケを狙う結果、眉が細くなるそうだ。

逆に好景気でキャリア志向が高まると、女性の眉は太くなりがちとのこと。

すると、さんまが「俺が出てた『男女7人』のときとか、みんな眉毛太いもんね。女優さんとか」「キャリアウーマンの時代なんだ」と、自身がバブル期に出演したドラマ『男女7人夏物語』(TBS系)の女優陣を振り返る。

次ページ
■実際に結婚して「えらい目」に

この記事の画像(1枚)