コロナ禍でネット利用を避けられず 陰湿ないじめ苦に12歳の女児が自殺

たった12歳。人生これからという若い女の子が、いじめが原因で自らの命を絶ってしまった。学校側の努力は十分だったのか。

社会

2020/10/30 11:00

いじめ
(sam thomas/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

学校でいじめられ、インターネット上でも苦しめられたある女の子。必死に守ろうと努力したという家族だが、「パンデミックの影響もあり限界があった」と明かした。



 

■いじめに苦しんでいた女児

英国・ノーサンバーランドで暮らしていた12歳の女の子は、学校でいじめを受け始め、徐々に不安定になっていった。

校内に友達はいたが、同じクラスには親しい子がおらず、完全に浮いた存在に。思春期の入り口にある女の子にとって孤立はつらく、昨年11月には自傷行為が始まった。

今年3月には病院に搬送される事態になり、それを知ったいじめっ子たちは「死ぬこともできない役立たず」「死ねばアンタの家族も喜ぶのに」などと暴言を吐き、女の子をさらに苦しめた。


関連記事:散歩中に強風で木が倒れ… 頭に直撃した8歳女児が死亡し妹は重傷

 

■パンデミックが及ぼした影響

SNS経由で送りつけられるメッセ―ジも悪質だったことから、母親(35)は女の子からスマートフォンを取り上げ、メッセージが目に入らないよう工夫した。

しかし、ほどなくすると新型コロナウイルスの感染拡大が深刻になり、ロックダウン状態に。そこで学校とのやりとりや勉強にインターネットが欠かせなくなると、再び陰湿なメッセージを多数送られ、女の子の落ち込みはいっそう深刻になった。

死んで、いじめから解放されたい。そう思いつめた女の子は、自殺を決意。10月1日に家族が遺体を発見し、父親(38)が必死に蘇生を試みたが、手遅れだった。

次ページ
■遺族の悲しみ

この記事の画像(2枚)