小林麻耶、『グッとラック』涙の反論から一夜 「覚悟を決めて言いました」

29日の生放送で、涙ながらに「母親がいない=不幸ではない」ことを訴えた小林麻耶。一夜明けて更新されたブログ記事にも、読者から多くの反響が。

エンタメ

2020/10/30 19:40

小林麻耶
フリーアナウンサーの小林麻耶が30日、ブログを更新。29日放送の『グッとラック!』(TBS系)での発言を振り返り、「どうしても言わなくてはならないことだった」と明かした。



 

■生放送で涙の訴え

同番組では、乳がん治療を中断して不妊治療を受ける決断をしたお笑いタレント・だいたひかるへのインタビュー映像を公開。

コメンテーターの立川志らくは、だいたの決断を尊重しつつも「母親がいないと子供にとっては不幸なことじゃないですか。(自分の妻と)母親の責任放棄していいのかっていう話にもなった」と話した。

この言葉に、小林は反論。「母親がいない人たちだってたくさんいますし、母親に虐待を受けている人たちもたくさんいます。母親がいない人が不幸っていう言い方は、私はですよ、個人的に嫌いです」などと、涙ながらに訴えていた。


関連記事:小林麻耶、SNS上の誹謗中傷に涙の訴え 「まだ生きてるのか」と言われた過去も

 

■「覚悟を決めて言いました」

一夜明けたこの日、小林は「昨日の番組での発言について」というタイトルでブログをアップ。

「どうしても言わなくてはならないことだったので勇気を持ち、覚悟を決めて言いました」とし、「コメントをいただき、同じ想いの方に伝わったこと、心から嬉しく思います」と、多くの反響があったことに謝意を示した。

次ページ
■小林が伝えたかったことは…