映画『十二単衣を着た悪魔』は予定通り公開へ 再編集なしの理由に称賛の声

道交法違反などの疑いで逮捕され、釈放された伊藤健太郎の主演映画『十二単衣を着た悪魔の』が予定通り公開へ。

エンタメ

2020/10/31 15:20

伊藤健太郎
(写真提供:JP News)

俳優・伊藤健太郎が主演を務める映画『十二単衣を着た悪魔』の公式サイトは31日、予定通り11月6日に公開することを発表した。ファンからは、今回の決断を称える書き込みが寄せられている。



 

■道交法違反の疑いで逮捕も…

同作で就職試験59連敗中のフリーター・伊藤雷役を演じている伊藤は、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで29日に逮捕された。

これを受け、関係各所と公開について協議を重ねた結果、30日に釈放されたため「予定通り11月6日(金)より全国の劇場にて公開させて頂く運びとなりました」と報告。


関連記事:伊藤健太郎容疑者の逮捕で… 出演映画のまさかの偶然に「マジで大丈夫?」

 

■再編集なし「個人の罪と作品は違う」

公開決定にあたり「様々なご意見があることと存じます」としつつ「釈放後に本作関係者への自筆の謝罪書面を弊方が受け取り、また、報道を受けてなお、公開を望む方々からの多くの声を頂戴した」ことも踏まえて決断したと伝えた。

また、映画は「作品を観たいお客様が、自らの判断で選んで鑑賞するメディア」と示した上で「『個人の罪と作品は違う』という弊社の見解のもと、本編の再編集は行わずに、そのままの内容で上映をさせて頂きます」と説明している。


■決断に称賛の声

映画『とんかつDJアゲ太郎』に続き、公開に踏み切ることになった伊藤の出演作品。

ネット上には「ありがとうございます!」「堂々と公開したらいいと思う」「お蔵入りにならなくてよかった」と、感謝や安堵の声が。

「個人の罪と作品は違う」という理由で再編集を行わないことにも「『個人の罪と作品は違う』という考え方が多くなってきていて良い。制作・配給のキノフィルムズのコメントに称賛を」「個人と作品は別だと思うからコレで良いと思います!  作品とスタッフ、キャストに罪はない」と反響が集まっている。

・合わせて読みたい→三吉彩花・阿部純子がW主演する映画『Daughters』 2人の大喧嘩シーンが解禁

(文/しらべぇ編集部・RT