20代女性の半数が「家族のためならどんなことも」 子供の存在が大きく

大切な存在を聞かれれば、家族と答える人も多いだろう。家族のためなら、どんなことでも頑張れるという人も。

人間関係

2020/11/01 19:20


 

■独身のためイメージできない

一方で独身の男性は、家族のイメージができない人もいるようだ。

「僕はまだ独身なので、家族を『守るべきもの』として考えられないのだと思う。親のことも大切だけれど、どちらかといえばずっと守ってくれる人だったし」(20代・男性)


「ずっと一人暮らしを続けているので、家族がどうだとか考えることがなくなってきた。自分の家庭を持てば、考えが変わるのかもしれないけれど」(30代・男性)


関連記事:亡き家族のLINEが突然消失 大切な思い出を失う前の対策法が存在した

 

■適度な距離感も重要に

家族が大切でも、甘やかしすぎるのは禁物である。

「家族のことが大切だからこそ、適度な距離感も必要なのが難しいところ。子供が心配だからとすべて手を貸していれば、自分ではなにもできない人になってしまう。


家族の存在が自分の力になって、お互いに成長し合えるような関係が一番いいのだと思う。これからもいい距離感を持って、家族のために頑張っていきたい」(30代・女性)


家族を大切に思う気持ちが、人を強くさせることもあるのだろう。

・合わせて読みたい→30代女性の5割が「自粛で一人の時間なくストレス」 休校で子供も家に

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)