空港のゴミ箱に赤ちゃん置き去り 搭乗済み女性全員を降機させ下半身を検査

母国へ戻る旅客機に乗り込み、ほっとしたところで女性の乗客の多くが降機を強制された。しかも理由についての説明がなかったという。

社会

2020/11/01 17:20

(Pina Panpisal/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

このほど中東カタールの国際空港で、生まれて間もない赤ちゃんを誰かがゴミ箱に捨てて去るという事件が起きた。ある旅客機への搭乗を済ませていた女性の乗客らを疑った当局は、そこに乗り込むと彼女たちに降機を命じた。そして…。



 

■ゲート付近のゴミ箱に…

カタールの新ドーハ国際空港(ハマド国際空港)で10月2日、ドーハからオーストラリアのシドニーに向かうはずだったカタール航空908便において、大きなトラブルと遅延が発生した。

乗客らが搭乗を済ませた直後のゲート付近の検査で、ビニール袋に包まれた誕生間もない赤ちゃんがゴミ箱から発見されたことが発端だった。


関連記事:フライト中に「苦しい」を連発した米女性が死亡 3ヶ月後に新型コロナ死と発表

 

■救急車に誘導された女性たち

空港の職員、警察らが離陸の準備が進められていた同機に乗り込み、乗客の情報を詳しくチェック。オーストラリア国籍の女性13名を含む、出産可能な年齢にある女性の乗客全員に降機するよう命令した。

駐機場には3台の救急車が集まっており、そこで彼女たちは下着を脱ぐよう告げられた。産後ではないか性器の検査が必要という話だったが、赤ちゃん置き去りという事件については、なんら説明がなかったという。

次ページ
■女性たちは泣いて抵抗

この記事の画像(1枚)