SNSでは幸せそうな姿も… 産後女性が赤ちゃんを抱いたまま飛び降り自殺

出産から、約1ヶ月。SNSには幸せそうな家族写真もアップしていたというが、女性の気持ちは沈むいっぽうだったようだ。

社会

2020/11/01 17:40

赤ちゃん・母親
(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新生児の母親が、いきなり飛び降り自殺するという悲しい出来事があった。赤ちゃんを道連れにしての飛び降りで、遺体を確認した夫はその場で泣き崩れたという。



 

■産後1ヶ月だった女性

シンガポールで暮らしていたある女性(35)は、2013年に愛する男性とゴールイン。4歳の娘を育てていたが再び妊娠し、約1ヶ月前に第2子の出産を終えた。

それからというもの新生児の世話に追われていた女性は、ここ数週は気持ちがふさぎがちだったもよう。疲労困憊していたせいか、精神的にも不安定になっていたようだ。


関連記事:出産で死亡した娘に託されたが… 生活困窮の遺族が捨てた赤ちゃんを当局が保護

 

■突然の飛び降り自殺

10月29日のこと、同女性は自宅アパートの10階からいきなり飛び降りて自殺。腕には赤ちゃんを抱いたままで、地面に落下した際には大きな音が響いたという。

たまたま近くにいた住人たちが驚き様子を見に行くと、女性と赤ちゃんが変わり果てた姿で倒れていたとのこと。すぐに通報し救急車を手配したが手遅れで、その後ほどなくしてふたりの死亡が確認された。

この直後に女性の夫が駆け付けたが、微動だにしない妻子の姿を見て号泣。ひとりで安置所に行く気力もなかったとみられ、親族の助けをかりてようやく遺体を家に運んだという。

次ページ
■SNSには幸せそうな姿

この記事の画像(2枚)