『鬼滅』一番くじ、売り切れ続出で転売騒動 ありえない価格に激怒の声も

社会現象を『鬼滅の刃』の一番くじが10月31日から販売開始。しかし、売り切れが続出し、フリマアプリで転売される事態に…。

漫画アニメ

2020/11/01 05:00

10月31日から、ローソンやHMVなどで「一番くじ 鬼滅の刃 ~無限列車編~」(1回税込680円)が発売された。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」の公開で、これまで『鬼滅の刃』を見てこなかった中高年たちにもヒットした同作なだけに、一番くじの売り切れが気になるところだが…



 

■煉獄杏寿郎が人気か

一番くじの目玉となるのはA賞の煉獄杏寿郎のフィギュア、ラストワン賞である特別仕様の煉獄杏寿郎のフィギュアだろう。劇場版でフィーチャーされたキャラクターということもあり、喉から手が出るほど欲しいファンたちも多いはずだ。

また、B賞の竈門炭治郎フィギュア、C賞の我妻善逸フィギュア、D賞の嘴平伊之助フィギュア、E賞の竈門禰豆子フィギュアといった、主人公たち周辺のキャラクターも人気だろう。とくに、我妻善逸は第2回キャラクターランキングでも1位だったこともあり、熱烈な原作ファンにはたまらないはず。

ツイッター上でも「鬼滅の刃一番くじ」がトレンド入りしており、購入報告をするファンのツイートが数多くみられた。


関連記事:『鬼滅の刃』キャラ人気投票 1位の我妻善逸にアニメファンから「意外」の声も

 

■売り切れ報告が相次ぐ

同日の昼頃に記者が向かったローソンでは、すでに売り切れ状態に。店員に話を聞いたが、午前中には無くなったとのこと。ちなみに、過去の一番くじも初日に完売する店舗が続出していた。

ツイッター上でも「あっという間に売り切れた」「7時半の時点で売り切れてた」「何軒も回ったけど全部売り切れ!」といった声があがり、買えなかったことを嘆くファンが相次いでいる。

次ページ
■煉獄フィギュアが1万円で転売

この記事の画像(2枚)