松中信彦氏、『サンデーモーニング』で自分に喝 張本勲氏のフォローに称賛も

巨人の引き分け優勝から、話は過去の松中氏へ…

スポーツ

2020/11/01 10:40

福岡ソフトバンクホークス1日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、リモートでゲスト出演した元福岡ソフトバンクホークス・松中信彦氏が自分に「喝」を入れ、張本勲氏がフォローする一幕があった。



 

■巨人が引き分けで優勝を決める

番組では読売ジャイアンツがリーグ優勝を決めた様子を紹介。30日の試合に臨んだ巨人は、マジック対象チームが敗れたため、引き分けながら優勝が決定。唐橋ユミはこれを「なんとも微妙な空気が漂う、引き分けでの胴上げとなりました」とアナウンス。

その後、関口宏が「思い出されることがあるんですが。松中さん、覚えてらっしゃいますか?」と呼びかける。松中氏はそれに「多分アレだな、と思ってます」と、何かを悟った様子だった。


関連記事:関口宏、パ・リーグCSを「意味がない」とバッサリ 勉強不足と批判の声も

 

■松中氏が自分に喝

「アレを用意しました、見ましょう」と笑う関口。すると画面は2011年のパ・リーグ・クライマックスシリーズファイナル第3戦、福岡ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズの様子に。

引き分け以上で日本シリーズ出場が決まるソフトバンクは12回表、西武から3つ目のアウトを取り、ここでCS制覇が決定。裏の攻撃が残されているにもかかわらず、当時選手の松中氏が一塁ベンチからガッツポーズで飛び出してしまう。

ベンチにいたコーチが戻るよう合図を送るが、気が付かない松中氏。関口は「出てっちゃあいけない、出てちゃあ」とアナウンスすると、松中氏は「これは喝ですね、自分に喝です」と叫ぶ。これには張本氏も大笑いだった。

次ページ
■張本氏がフォロー