「お腹の赤ちゃんは舅の子に違いない」 浮気を疑われた20代嫁が姑を殺害

お腹のなかの赤ちゃんは誰の子供なのか、DNA検査で証明しなければ埒が明かないケースだった。

2020/11/02 09:20

妊婦
(Daisy-Daisy/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

義理の親子の間に性的関係などあってはならないこと。万が一にもそうした疑惑が浮上した場合は、家庭はおそらく修羅場と化すことだろう。この殺人事件も、そうした疑惑が発端だった。



 

■29歳の嫁が姑を殺害

インド・グジャラート州アーメダバード地区のゴタで、このほどニキータ・アグラワルという29歳の女が、姑を殺害した容疑で逮捕された。

ニキータ容疑者は10月27日夜、夫の母親で同居中だったレカ・アグラワルさん(52)の頭を鉄の棒で何度も殴って殺害し、証拠隠滅のため遺体を燃やした疑いがもたれている。


関連記事:「息子の自殺は夜の営み拒む嫁のせい」 姑の訴えで警察が32歳妻を逮捕

 

■嫁姑が2人きりの夜に…

レカさんの夫で家主のラムニワス・アグラワルさんは、新型コロナウイルスに感染したため数日前に病院に入院し、その息子でニキータの夫であるディパックさんは、まだ仕事場にいた。

自宅は嫁と姑の2人だけという状況のなか、隣人から病院にいるラムニワスさんに「お宅の女性2人が激しい喧嘩をしている。悲鳴も聞こえる」との電話が入り、ラムニワスさんは「帰宅して様子を見たほうが良い」と息子に連絡した。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■黙秘を続けた容疑者
浮気嫁姑嫁姑問題殺人事件妊娠中証拠隠滅
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング