大泉洋、紅白の司会者決定で大喜利始まる 「紅白どうでしょう」のタグ誕生

タレントの大泉洋が2020年の『NHK紅白歌合戦』の白組司会者に決定した。SNSでは『水曜どうでしょう』ファンが歓喜の声を上げている。

エンタメ

2020/11/02 19:00


 

■一方で冷静な声も…

しかしファンが熱狂する一方、SNSでは「事前にこれだけ盛り上がって当日何もなかったらそれはそれで怒りのツイート乱立しそうだな」「世の中全員がどうでしょうのファンじゃないし、純粋に紅白や出場者の歌を楽しみたい人もいるんだからはしゃぐなよ」など、冷静な声も寄せられている。


関連記事:ファーストサマーウイカ、ショートパンツ姿で華麗にハイキック 「内腿に…」

 

■3人に1人が「年末は紅白を観る」

とはいえ今回の司会者発表で「紅白が楽しみになった」という人も多いだろう。ちなみにしらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,844名を対象に調査したところ、全体の30.5%が「今年の年末は紅白歌合戦を観る予定だ」と回答した。

今年の年末は紅白歌合戦を観る予定グラフ

新型コロナウイルスの影響で今年の紅白は無観客での開催となるが、大泉らしい司会で会場を大いに盛り上げてほしい。期待して年末を迎えたい。

・合わせて読みたい→郷ひろみ、故・ジャニー喜多川氏の思いに涙 「ありがとうの一言です」

(文/しらべぇ編集部・大五郎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)